【アプリ】PhotoMathが進化して、連立方程式も解けるようになっていた!

7ヶ月以上前に、PhotoMathというアプリについて書きました。

Photomath
Photomath

【アプリ】Photo Math:印刷された数式を撮影し解いてくれる! | こてつは内臓ではない2

画期的なアプリでしたが、この記事でも書いたように、まだ解ける式の種類が少なかったんです。
とくに私が好きな連立方程式はダメでした。

私のような、頭が「算数」で止まっている人間には連立方程式は最高に楽しいんです。
早い話が「鶴亀算」を代数で解けるんだ!っていう興奮(^_^;)
(この興奮は、最初から連立方程式での解法を習っちゃったら得られない。鶴と亀が集まっているところを想像し、足の数は・・・と考えをめぐらした経験がないと得られない!)


興奮しすぎました・・・

実際の画面がこちら。

2015 07 02 18 50 34
(クリックで拡大)

ちゃんと答えが出ています。

ただし、解法はちょっと・・・

2015 07 02 18 52 01
(クリックで拡大)

これを読みとくほうが大変です(^_^;)
「まだ開発中のものです」なのでしょうがないのですが。
たぶん、式同士の演算(上の式を2倍してx項とy項を下の式で引き算する)をうまく表示する方法が見つからないのでしょう。
逆に、このわかりづらい解法を読み解いていくのもなかなかオツなものです。

このアプリ、ますます進化しそうです。期待しています!




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【アプリ】PhotoMathが進化して、連立方程式も解けるようになっていた!
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です