【アプリ】Slow Fast Slow:スローと早送りが混在した動画を作る!

Alowfast

iPhone6/6Plusの標準カメラアプリでは、スローモーションも撮影できるようになりました。すごい。
(正確にはiPhone5Sから?)

でもね、撮影時に最初から「スローモーションで撮ろう」って思うこと、あまりないと思いませんか?
また、スローモーションで撮影してしまうと、標準速の動画は残らないわけ。(後で加工アプリで標準速に戻すという手もあるけれど)

そういうわけで、「標準速で撮影した動画をスローにする」アプリを探していました。

たとえば ↓ の2つのアプリ。

Video Camera and Editor – Videon
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
¥500(記事作成時点)


Videoshop – ビデオエディタ – Video Editor
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
¥200(記事作成時点)


どちらもすごいアプリです。
いろいろなイフェクトをかけられたり編集できたりします。

でも私はこれだけ多機能なアプリの機能や操作方法を解説できる能力がないので、これらのアプリの説明はどなたかのブログ記事を探してください(^_^;)

で、少し欲が出て、「もっとシンプル(スローさえかけられればいい)」で、しかも「部分的に再生速度を変えられる」アプリってないかなあと。
上の2つのアプリは動画全体の速度を買えられますが、部分的に速度を変えられないんです。(たぶん)

探したら、ピッタリのアプリがありました!

Slow Fast Slow

200円
(2014.10.15時点)
posted with ポチレバ

先に、ちょっと残念なことを書きます。
このアプリは、ほかの動画撮影アプリで撮影した動画を編集できません。ですので「この場面、スローにもしたいな」と思ったら、このアプリ自身で撮影することになります。
これは、このアプリが「120fpsで撮影」するからです。スローにしたときにカクカクさせないためですね。
(この「制限」は逆におもしろい裏技を使えることになります。記事の最後に書きます)

 

Slow Fast Slow の使い方

Slow Fast Slow を立ち上げると、 ↓ のような画面。そっけない(^_^;)

2014 10 15 10 51 47
(クリックで拡大)

赤い「+」をタップすると、

2014 10 15 10 52 02
(クリックで拡大)

赤いボタンで撮影です。
右下の □ ボタンはカメラロールの写真を選択するものですが、これはカメラロール内の「スローモーション」というアルバムに入っているビデオのみが表示されます。
このアルバムは標準カメラアプリの「スローモーション」モードで撮影したり、Slow Fast Slowで撮影した動画が入っています。
ですので、他のアプリで標準速撮影されたものは使えない、ということです。

とりあえず赤ボタンで撮影します。
iPhoneを横向きにすれば16:9、縦にすれば正方形で撮影します。

注:このアプリで撮影・保存すると、16:9は1280×720、正方形だと720×720になります。

撮影を終了すると ↓ のような画面。

2014 10 15 11 37 19
(クリックで拡大)

下に、白い丸が4つ。これを上下左右に移動することで、再生速度やポイントを設定します。
上下で速度、左右で変化のプロセス。

2014 10 15 11 46 44
(クリックで拡大)

真ん中の赤いアイコンは、左から「動画の保存、保存された動画のリスト」「マイクのオン/オフ」「逆再生」「カメラロールに保存」です。

注意:

  • 逆再生を選ぶと、元の動画はなくなります。先に保存してからやりましょう(もう一度逆再生を選べば戻りますが)
  • 白丸を変更する前にカメラロールに保存すれば、標準速の動画としてカメラロールに残せます

動画は何回でも編集し直せますので、いろいろとバリエーションを作ってカメラロールに保存することができます。

サンプル動画を乗せます。汚い手だって言うな!

標準速からスロー→ファスト→標準速、です。

 

裏技的な

先ほど書いたように、このアプリで使える動画は「スローモーション」アルバムに入っています。
これはこの Slow Fast Slow」で撮影したものも入りますが、標準カメラアプリのスローモーションモードで撮影したものも入ります。
そして、標準カメラアプリなら、スロービデオでもズームができます!「ズームはしたい、でもスロー/ファスト加工もしたい」ということなら、標準カメラアプリで!
「でもそれじゃ標準速の動画は残せない」と思ったら、なんと標準カメラアプリで撮影した動画、Slow Fast Slowでは標準速で再生されるんです。
それをカメラロールに保存すれば、標準速動画として残せます!

つまりは、最初に書いた「標準アプリでは標準速とスロー、どちらも残すことはできない」わけではなかったんです。
「スローモーションは撮影したいけれど標準速もなあ」という方にも、このSlow Fast Slow]、オススメです!




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【アプリ】Slow Fast Slow:スローと早送りが混在した動画を作る!
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

One comment on “【アプリ】Slow Fast Slow:スローと早送りが混在した動画を作る!

  1. Pingback: 【アプリ】「逆再生」:音声を逆さまから聞いてみる、言ってみる | こてつは内臓ではない2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です