「iPhone6予約の際のSoftBankの対応」の幸せな結末&SoftBankのウソ(?)

先日書いた記事:

追記あり【ひどい】iPhone6予約の際のSoftBankの対応【怒】 | こてつは内臓ではない2

いろいろと励まし、ご意見をいただきました。
その後の顛末です。

SoftBankサポートとの電話で「法人の場合、予約時に登記簿謄本や公印を持参して店舗で契約してもらうことになります」と言われたので、法務局で必要書類を揃え、予約時と同じ家電量販店内のSoftBankカウンターへ。
土曜日の顛末を話し「法人契約ではWeb予約できないとは聞かなかった」と伝えると、窓口の人はしばらく責任者と話してから、「こちらのミスでしたので、19日の発売当日に予約とは別に当日売りが少し入る分と、予約キャンセルの文の中でお客様がご希望の機種があれば『取り置き』という対応をさせていただきます」とのお答え。

それはありがたい。
もちろんそこに私の希望機種がなければ待つわけですが、「取り置き」はその後の入荷についても有効だと確認しました。

親切でした。もちろんショップ最前線としては悪いうわさを広めたくない、顧客を失いたくないという気持ちもあったでしょうでもSoftBank本体の木で鼻をくくったような対応とは段違いでした。

そして、もうひとつわかったのは「法人契約でも【予約時には】書類は必要ない、ということでした。
前の記事で書いたとおり、SoftBankサポートは「【予約時に】書類が必要」とはっきりいいました。
ですので3連休の間なにもできずにふて寝していたわけです(2ヶ月以内に発行された書類でなければならなかったため、役所が閉まっている間はどうしようもない)。
今回は「取り置き」処置をしてもらったので実害は(たぶん)なかったのですが、通常の予約ということになったら3連休中にどかっと入った予約の最後尾になってしまうことになったはず。
予約時には書類がいらないとわかっていたら、すぐに予約に行っていたでしょうから、少なくとも2日のタイムラグが生じたわけです。

これからは本当に気をつけなくては、としみじみ思った一件でした。

余談

サポートと電話した日の夜、「サポート対応満足度アンケート」のメールが届きました。
あんな対応をしておいてよくそんなアンケートを出せるなあ。自動送信なんでしょうけれど。

追記
残念ながら、9/19販売開始時に、ショップには私が欲しかったiPhone6 Plusの当日売り(フリー在庫)は入荷しませんでした。
いつになるんでしょうね・・・





こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「iPhone6予約の際のSoftBankの対応」の幸せな結末&SoftBankのウソ(?)
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

Categorized: 雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です