【追記あり】Keynoteのスライドをブログに埋め込む:slideshareとTeachMeで比較してみた

授業やセミナーなどではKeynoteでプレゼンテーションをします。
で、レジュメを渡すときはスライドを縮小して印刷しています。縮小しないで10枚も20枚もの紙の束を持って行ってもらうのは申し訳ないw
しかし縮小しちゃうと読みづらい図や表もありますよね。そういうものは(そして資料的価値のある者はw)PDFでアップして、閲覧するなりダウンロードするなりしてもらっています。

でもいちいちダウンロードするほどでもないけれど簡単に読みたいなというニーズには応えられていませんでした。
それならスライドをホームページやブログに埋め込んじゃいばいいじゃないかと・・・ ちょっと調べたのですが、Keynoteスライドを直接埋め込む方法がわかりません。あるのか?(やり方をご存知のかた、教えて下さい!)

そこでスライドショーサービスを使ってみました。

とりあえず2つ。(これも、もっと良いサービスがあるよという方、教えて下さい!)

<slideshare>
Upload & Share PowerPoint presentations, documents, infographics

<Teachme>
Teachme

slideshareは2006年10月にサービスインした老舗、Teachmeはわりと最近。Teachmeの方がよく目につくような気がします。
以下、サービスの利用方法はとても簡単なので略します。どちらも(基本)無料。

 

slideshare

準備

Keynoteの「ファイル」メニューから、「書き出し」→「PDF…」で、PDFに書き出します。
(その際発表者ノートも一緒にしちゃうとスライドが小さくなってしまうので注意)

で、slideshareの画面右上の「Upload」をクリックするとこの画面。

スクリーンショット 2014 04 19 10 48 03
(クリックで拡大)

左のオレンジ色のボタンをクリックします。右の青ボタンだとビデオをアップできたりプライベート・アップロードができますが、これは$19/月の有料です。
(ビデオについてはYoutubeにアップしたものは挿入できるようです)

オレンジボタンをクリックすると普通の「開く」ダイアログが出るので、PDFファイルを選びます。
あとはタイトルとかカテゴリーを編集すればOK。

 

パワーポイントファイルだとそのままアップできます ↓
色合いが微妙に違う^^; 

お手軽です。

 

Teachme

こちらは画像を1枚ずつ埋め込んでいきます。

スクリーンショット 2014 04 21 8 48 25
(クリックで拡大)

準備

Keynoteの「ファイル」→「書き出す…」から、「イメージ…」を選んでページの画像を書き出します。
保存先にフォルダーができ、そのなかにページ画像があります。

1枚ずつ選んで画像登録し、タイトルや説明・コメントを入力していきます。

すべてのページを入力したら、下の「登録」をクリックし、上の方の「未反映」と書かれたボタンメニューから公開方法を選べばOK。非公開、公開、限定公開が選べます。

次に右上のアカウントメニューから「マイページ」を選ぶと作成したマニュアル一覧が出るので、タイトルをクリックするとそれを見ることができます。
表紙画像のすぐ下に「リスト」「エンベッド」「スライドショー」というボタンがあります。デフォルトではリストが選ばれていますが、スライドショーを選べばマニュアルをスライド状態で閲覧、ページ送りができます。
下の画像はスクロールしているので、一番上にボタン群があります。

スクリーンショット 2014 04 21 9 17 25
(クリックで拡大)

「エンベッド」をクリックすると、下の方にHTMLコードが現れます。
基本的には「標準」で良いと思います。
なお、MarsEditではプレビューにまったく表示されずに慌ててしまいますが、ブラウザではちゃんと表示されます。

で、そのエンベッドHTMLコードを埋め込んだのがこれ ↓
Keynoteの全ページを入れるのはかったるかったので数ページのみです。

このTeachmeの特徴である、ビデオやリンク、地図も入れてみました。(Keynoteのストーリーとはまったく関係ありませんww)
スライドショーモードで閲覧しているとき、ページの左下隅っこに ↓ のボタンがあります。

スクリーンショット 2014 04 21 9 34 37
(クリックで拡大)

 

slideshareとTeachmeの比較

まとめてみるとこんな感じです。

  shareslide Teachme
登録方法 PDF一括、パワポならそのまま イメージで1ページごと
限定公開 有料 無料
ビデオ 有料(Youtubeは無料でも可) 無料で可
地図 不可
リンク 不可
アプリ なし あり

Keynoteのスライドをお手軽にHPやブログに載せたいというのなら slideshare、写真・ビデオやさまざまなメディアを駆使して、説明は別につけるという用途ならTeachmeという感じでしょうか。
TeachmeはiOS、Androidアプリがあり、スマートフォンやタブレットからも作成できるのも魅力ですね。

写真をたくさん載せなくてはいけないけれどページがやたらと長くなるのは嫌だ、というときにも使えますね。
いろいろな使い方ができるのではないでしょうか。

【追記】

Teachme開発者の方からご連絡いただきました。

すみません、調べが足りず・・・ いやこれはすごい!

アプリでやってみました。
(とりあえずDropboxアカウントを持っていて、Dropboxアプリを入れていることを前提としています)

2014 04 22 08 34 48
(クリックで拡大)

左上(赤い◯で囲んだボタン)にDropboxのアイコンが見えます。これをタップすると、初回は

2014 04 22 08 13 29
(クリックで拡大)

というメッセージが出ます。OKするとDropboxとの連携が行われます。
そして、Dropboxのファイル一覧が出るので、マニュアルにしたいPDFを選びます。

2014 04 22 08 15 25 2014 04 22 08 15 28
(クリックで拡大)

すると、読み込んで、

2014 04 22 08 15 48
(クリックで拡大)

右上のダウンロードアイコンをタップすると、

2014 04 22 08 35 46
(クリックで拡大)

マニュアルが完成しました!すごい!!
もちろんページごとのタイトルや説明はついていませんが(タイトルにはページ番号が入っています)、アプリでも編集できるし、公開すればパソコンのWEBアプリ上でも編集できて便利。
(「限定公開URL発行」を選べば、未完成のマニュアルを晒さなくて住みます)

この方、あのブロガー御用達のMarkeeも作っていらっしゃる!(不勉強だった・・・)
Markeeとは、画像に簡単に◯や□、矢印、モザイクなどを付加できる超便利アプリ。私も愛用させていただいております。
なので上の画像の図形もMarkeeで加工しました。

Markee
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
無料(記事作成時点)


なお、「法人向け」というのは「Teachme biz」のことのようです。有料ですが、パソコンからもPDFを読み込めるのは魅力!

【機能紹介】スマホとモバイルで簡単に作成・編集|簡単マニュアル作成 Teachme Biz




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【追記あり】Keynoteのスライドをブログに埋め込む:slideshareとTeachMeで比較してみた
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

One comment on “【追記あり】Keynoteのスライドをブログに埋め込む:slideshareとTeachMeで比較してみた

  1. Pingback: Kyenoteプレゼンテーションを直接WordPressやサイトに埋め込めるようになった! | こてつは内臓ではない2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です