GoPano micro:iPhoneでパノラマ動画を撮影できるガジェット

Gopano

THETAにハマりきって、その延長で全天球やパノラマ画像の世界に引きずり込まれております。

で、Amazonでその手の書籍を検索していたらたまたま見つけてしまったガジェット。というかiPhoneアクセサリー、「GoPano Micro」。

魚眼ミラーに映された180度画像をiPhoneのカメラで撮影する仕組み。

THETAよりはだいぶ安いです^^;

こんな感じのパッケージ。

DropShadow ~ 2014 02 14 16 15 28
(クリックで拡大)

GoPano Micro本体、iPhone4/4S用ケース、iPhone5/5S用ケース、ポーチが入っています。

DropShadow ~ 2014 02 14 16 18 53
(クリックで拡大)

それと日本語マニュアルが入っています。これはポイント高い。
A4両面印刷1枚ですが、取り付けや操作は簡単なので十分です。

専用アプリのインストールとGoPano Microの取り付け

まず専用アプリをインストールします。
GoPano Microをつけたあとでもいいんですが、GoPanoはわりと重いので、インストール操作や設定ががちょっと面倒。だから最初に。

GoPano
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
無料(記事作成時点)


初回の起動では、「Log Inする?」と聞かれます。まだアカウントを取得していないので、サインアップ。Facebookアカウントで登録すると、あとで共有するときに楽かな。

あとはわかりやすい。

DropShadow ~ 2014 02 14 17 26 13
(クリックで拡大)

上左は他の人の撮影した動画を見たり検索。
上右は、自分が撮影したビデオ。
その下が、撮影。

次にGoPano Microを取り付けます。
まずケースをはめて、

DropShadow ~ 2014 02 14 17 19 39
(クリックで拡大)

カメラ穴にGoPano本体をはめ込みます。

DropShadow ~ 2014 02 14 17 20 35 HDR
(クリックで拡大)

ネジ穴が切れているわけではないので、よいしょとはめる感じ。楕円形に近いので、斜めにはまってしまうことはありません。
ただこういう構造なので、取れちゃいそうでちょっと怖い。

撮影と再生

撮影ボタンをタップすると、こんな画面に。

DropShadow ~ 2014 02 14 17 27 47
(クリックで拡大)

「最初にキャリブレーションを調整して」と書かれているので、「Calibrate」をタップして、

2014 02 14 17 27 50
(クリックで拡大)

黒丸が真ん中になるようにGoPanoの取り付けを調整します。だいたい真ん中になるけれどね。

で、「Done」で前の画面に戻り、「Record」タップで撮影を開始します。

最初に撮影してみたのがこれ ↓
GoPanoのせいではなく、雪景色だったので完全に飛んじゃったんです。
ちゃんと撮影してから記事にするべきですね、すみません m(__)m

#この下のURLではiPhoneのsafariからは見られません。Flashを使っているらしい。
#Puffinなら見られますが、グリグリできません…
#GoPanoをインストールして見るのが良いと思います。無料だし、本体がなくても使えます。

◯再生中にスワイプすればグリグリできます。GoPanoアプリならiPhoneを回せば
 そちらの方向の画像が見られます。

 

ですのでこちら ↓ をww

画質的には期待しちゃいけません(全円筒で1920 × 448、1秒辺り500KBくらいです)が、いや、やっぱり動くのも楽しいですね。


ますます「動画を撮影できるTHETA」が欲しくなっちゃいます。




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GoPano micro:iPhoneでパノラマ動画を撮影できるガジェット
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です