【アプリ】名刺管理、今さらながらCamCardを使ってみたらすごく良かった

Hanzawa

名刺管理はずっと「Worldcard Mobileというアプリで行っていました。

WorldCard Mobile – 名刺認識管理
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
¥1,000(記事作成時点)


高いけれど、文字認識もよく、自動的にiPhoneの連絡先に保存してくれて便利。
ところがこの2ヶ月ほど、連絡先に保存してくれなくなっちゃいました。
原因不明です。設定は何も変えていないのに・・・

そこで、以下のアプリを使ってみました。

Eight

名刺管理アプリEight (無料名刺リーダー・ビジネス名刺管理)
カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
無料(記事作成時点)


素晴らしいアプリです。
無料なのに、人力認識。わけわからん。
当然認識率は抜群。そしてFacebookなどでつながっている人の名刺を表示してくれる。
最高です。でも、人力ですから当然時間がかかります。現在でだいたい2〜3日。これから流行っちゃうともっと時間がかかるかも。
私はすぐに名刺をなくしちゃうので、認識して返してくれるまでに連絡するようなことがあるとちょっと。

Evernoteの名刺認識

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
無料(記事作成時点)


Evernoteで名刺撮影・認識ができるようになりました。
連絡先への保存機能は(まだ)ありませんが、Evernoteからメールや電話をすることができるので、そういう使い方もいいなと思いました。
しかし残念ながら今の時点では認識率が今ひとつ。それに電話番号などが抜けちゃうことも多いんです。
今後に期待です。

SamCard

SamCard-business card reader & business card scanner & visiting card
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
無料(記事作成時点)


最近どこかの記事で読んで、無料なので使ってみました。
なんと日本語を認識しません。英語だけです。
これも今後に期待。

で、探してみたところ、CamCardというアプリの評判が良かったので試してみました。

CamCard Free – 名刺認識管理
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
無料(記事作成時点)


使い方は簡単です。

起動すると

2014 01 24 16 32 55 2
(クリックで拡大)

わかりやすいですね。
「名刺入れ」には撮影・認識した名刺が入っています。

「写真を撮る」でカメラ起動。
青い枠が緑になるように名刺をアップにしていきます。
すると、緑になったとたん、勝手に撮影してくれます!

2014 01 24 16 34 31 5
(クリックで拡大)

2014 01 24 16 34 33 6
(クリックで拡大)

上の方にあげたアプリはシャッターボタンをタップしなければなりません。
まあ好みですが。私は楽で好き。

撮影すると自動的に認識。

2014 01 24 16 33 36 5
(クリックで拡大)

しっかり認識できています!

2014 01 24 16 33 47 6
(クリックで拡大)

名刺入れにはスキャンした画像と情報(一部)が並んで見やすいです。

2014 01 24 16 33 55 7
(クリックで拡大)


AR名刺

起動画面の自分の名前のところをタップすると、「AR名刺」というのを作れます。

これを作るためには、CamCardへの登録が必要です(後述します)

Eightの名刺共有と似ています。自分の名刺をAR化すると、CamCardを使っていて、かつ自分の(紙の)名刺をスキャンした人とつながります。
具体的には、お互いのAR名刺を見ることができるようになります。紙の名刺よりも多くの情報を共有することもできるわけです。
AR名刺を作るには、自分の紙の名刺を撮影するだけ。(その時点でもあとでもデータを修正することができます)
「Eight」の共有機能に似ていますが、Eightでは実際の名刺をスキャンしていなくてもFacebookでつながっていてEightを使用している人なら共有できますが、CamCardでは紙の名刺をスキャンしている人でないと共有できません。
うまく言えませんが、EightとCamCardでは考え方が逆だと言えます。

・登録→クラウドの利用

CanCardへの登録は、アプリ内の設定(ギヤマーク)からできます。
登録にはiPhoneの電話番号が必要で、入力すると確認コードが送られてきます(Googleの2段階認証みたいな)
海外からのSMS(MMS?)で送られるらしく、電話番号には最初から+81がついているので、090などの最初の0を除いで「90」から入力します。

もし確認コードが送られてこない場合は国際SMS/MMSを拒否している可能性があるので、MySoftBankで確認・変更してください。

登録するとクラウドが使えるようになり、iPhoneから入力した名刺をパソコンや他のタブレットなどで閲覧したり、新規に名刺を登録できるようになります。
私はとりあえずブラウザから見ていますが、デスクトップアプリもあるようです。

スクリーンショット 2014 01 24 16 35 52 10
(クリックで拡大)

見やすくていい!

今回ご紹介したのはCamCardの無料版です。
有料版もあります。
違いは、無料版だと名刺の上限が1,000枚、1週毎の保存枚数が100枚という制限があります。
(CamCardに登録したりSNSでシェアしたりすると少し増えます)
私のように名刺交換をする相手があまりいない(T_T)者には十分ですが、バリバリに社会で活躍している人は有料版を使ってください。かなりお高めですが、それだけの価値はあると思います。はかどりますもん。

CamCard – 名刺認識管理
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
¥1,700(記事作成時点)


最初、無料版で試して、枚数が上限に達しそうになったら有料版に乗り換える手もありますね。
その場合はCamCardに登録しておけばデータがクラウドに保存されていますから、有料版でも同じ電話番号でログインすればOKです。

もしまだ名刺管理をしていないという方には本当にお勧めです。




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【アプリ】名刺管理、今さらながらCamCardを使ってみたらすごく良かった
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です