THETA画像をWEBに埋め込む一番幸せな方法

自由の女神

前の記事 RICOH THETAが来た!(ブログ・サイト埋め込み編) で、RICOH THETAのパノラマ画像をWEBページに埋め込むにはPhotosynthを使うといいと書きました。
しかし、Photosynthを使わないで埋め込めるサービスを発見しました。

パノラマ工房さんというところが提供してくださっている、
パノラマ工房:360°パノラマVR撮影・制作サービス

THETA 360 Playerというサービス。なんと

無料!

THETA対応 360player -無料のクラウドサービス | パノラマ工房

このサービスを使うにはパソコン(Mac,Windows)が必要です。

準 備

まずはTHETAの画像をパソコンに取り込みます。
RICOH THETA – 使用説明書によると、
・Windowsの場合:画面表示に従って、操作してください。
・Macの場合:iPhotoまたはイメージキャプチャを使用してください。
です。


ご注意。
THETAとパソコンの接続は付属のMicro-USBケーブルを使ってください。
私、手元にあったケーブルで接続したら、認識されませんでした。


Theta内の画像と適当なところに保存したら、準備終了!

360playerを使う


えーと、手順を書こうかと思ったんですが、このサービスのオンラインマニュアルがとてもわかりやすいので、そちらを参照してください^^;

360player online manual – オンラインマニュアル

フォルダ作成→シーン作成→保存した画像をアップロード→パノラマVR作成→埋め込みコード取得

という、ちょっとやっかいな手順になりますが、マニュアルを見ながらやれば、できます!

THETA画像をアップして、埋め込んでみた

下に、アップしたパノラマ(全天球)写真を埋め込みました。

見えてます!
スマートフォンからも見えます!

ああ、幸せになれました。
パノラマ工房さん、ありがとう!

こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - THETA画像をWEBに埋め込む一番幸せな方法
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

3 comments on “THETA画像をWEBに埋め込む一番幸せな方法

  1. Pingback: 360° | #9

  2. とても良い情報だと思いチャレンジしてみましたができません~。
    何が悪いんだろう・・

    • お返事遅くなって申し訳ありません。
      今は theta360.com の「埋め込みコード」も改善されたので、そちらを使ったほうが良いと思います。
      また、パノラマ工房さん以外にもTHETA画像をアップロードできるサービスがたくさん出てきているので、探してみるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です