RICOH THETAが来た!(使ってみた編)

2013 11 08 09 06 32
(クリックで拡大)

前の記事RICOH THETAが来た!(開封〜外観編)に続いて、使用感。

前の記事にも書きましたが、THETAは本体のみで撮影が可能です。
しかし、

・メモリカードをさすことができず、本体内蔵の4GBでは心配だという方もいるかも
・360度全部撮影するので、自分も被写体として入ってしまう
 (そうしたいシチュエーションならそれでもいいけれど)

という問題があるので、スマートフォンでリモート撮影できるのはとてもいいですね。

リモート撮影

リモート撮影には専用アプリが必要です。

< RICOH THETA 1.2.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Ricoh Co., Ltd. – RICOH COMPANY,LTD.(サイズ: 4.3 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

THETAとWi-Fi接続済であれば、アプリ起動ですぐに撮影できます。

2013 11 08 09 18 36
(クリックで拡大)

2013 11 08 09 22 50
(クリックで拡大)

明るさ(露出)を設定できるようですが、まだ試していません。

※THETAは傾き補正機能があるので、三脚をわざと曲げて撮影しましたが、ちゃんと補正されていました!

撮影が終わるとすぐに、スマートフォンに画像が転送されます。

2013 11 08 09 22 58
(クリックで拡大)

こんな感じ。ぐりぐり動かせます。
2013 11 08 10 44 39
(クリックで拡大)

とてもシンプルでわかりやすい!

SNSへの投稿

左下の「本」のアイコンタップで保存された画像(THETAと繋がっていれば、カメラ内の画像も)が見えます。
2013 11 08 09 23 57
(クリックで拡大)

投稿したいSNSを選択すればOK。
2013 11 08 10 43 16
(クリックで拡大)

投稿先ではインラインでパノラマが表示されるわけではなく、THETAのサーバへのリンク ↓ が貼られています。

全天球画像 | RICOH THETA

THETAの撮影とSNS投稿をあっさりと^^;紹介しました。

しかし問題が!

SNSではインラインで表示されないのはしょうがない(SNS側が対応しないとムリ)のですが、

ブログに貼り付けられない!

長くなってしまったので、この問題の解決法は次の記事で^^;

—–
THETA シリーズ

RICOH THETAが来た!(開封〜外観編)
RICOH THETAが来た!(使ってみた編)
RICOH THETAが来た!(ブログ・サイト埋め込み編)

—–

こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly




こてつは内臓ではない!2 のFacebookページ
よろしければ「いいね!」してください!

このブログのフィードをFeedlyに登録
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - RICOH THETAが来た!(使ってみた編)
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です